【画像】沢尻エリカの兄・澤尻剣士はもつ鍋店長で元俳優!更生のカギ?

沢尻エリカ兄

沢尻エリカさんは、合成麻薬MDMAやLSDを所持していた罪に問われ、懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を言い渡されました。

初公判では沢尻エリカの兄が証人として出廷し、沢尻エリカさんの更生させる覚悟を語りました。

現在もつ鍋店の店長で元俳優の、沢尻エリカさんの兄・澤尻剣士さんについてまとめました。

沢尻エリカの兄・澤尻剣士はもつ鍋店長

沢尻エリカ兄

沢尻エリカの兄はもつ鍋店長

  • 名前:澤尻 剣士(さわじり けんじ)
  • 生年月日:1981年2月1日
  • 出身地:東京都
  • 職業:もつ鍋屋『桜藩』店長

沢尻エリカさんの兄・澤尻剣士さんは、2007年に、もつ鍋屋『桜藩』店長に就任しました。

沢尻エリカさんの母・リラさんが地中海料理店を営んでおり、幼い頃から母親の姿を見ていたことで、将来、飲食業界で働くこと考えていたようです。

25歳の時に仕事仲間と出店を決意し、都内の飲食店に務め、接客や店舗経営を学びました。

沢尻エリカの兄のお店どこは?

沢尻エリカさんの兄・澤尻剣士さんが務める『桜藩』は、もつ鍋や馬刺しなど九州地方の料理を提供する居酒屋です。

  • 住所:〒105-0004 東京都港区新橋2丁目11−1
  • TEL:03-3597-2778
  • 最寄り駅:JR新橋駅日比谷口から徒歩2分 都営三田線内幸町駅から徒歩1分。

店長を務める澤尻剣士さんは「接客はマニュアル化できないところに価値がある」というポリシー。

お客様のお客様の様子や会話の中から好みを読み取り、先回りしたサービスが提供を心がけています。 

沢尻エリカの兄・澤尻剣士は元俳優

沢尻エリカさんの兄・澤尻剣士さんは、181cmの長身とイケメンさを活かして、俳優活動をしていました。

22歳の時には、ほしのあきさんや押切もえさんが出演した、映画『ファイト★ガールズ』にて、ストリートガール・ミーナのヒモ男ジャン・ポールを演じました。

沢尻エリカ兄

しかし、25歳の時に芸能活動を引退し、飲食業界で仕事をはじめました。

沢尻エリカにはもう1人兄がいた

沢尻エリカ

沢尻エリカさんには、次男にあたるもう1人の兄がいました。

沢尻エリカさんが、高校1年生の時に交通事故に遭い、亡くなってしまいました。

2005年に沢尻エリカさんが主演したドラマ『1リットルの涙』の記者会見の時に、記者から「1リットルの涙を流した経験はありますか?」と質問をされると、「私が高校1年生のときに、兄が交通事故で亡くなった。その時は、こんなに涙が出るんだってくらい泣きました。」と答えました。

沢尻エリカの兄が更生を支援

沢尻エリカ

沢尻エリカさんは、合成麻薬MDMAやLSDなどを所持していたとして、麻薬取締法違反で起訴され、2020年1月31日に初公判が東京地裁で開かれました。

初公判には、証人として沢尻エリカさんの兄・澤尻剣士さんが登場し、以下のように明かしました。

  • 今後は同居して、更生に向けて支援していく。
  • 今までの仕事は難しい。僕でできることがあれば、経済的なことを含め、話を聞きながら進める。
  • 人間関係は反省して、悪かった部分は直してほしい。

兄・澤尻剣士さんは、全面的に沢尻エリカさんを支えることを公判で語りました。

芸能界復帰はまだまだ難しい沢尻エリカさんですが、側で大切にしてくれる家族がいたことが救いですね。

今後の沢尻エリカ騒動についての展開にも注目です。