内田眞由美は焼肉店オーナー?年収がすごいって本当?店名「IWA」の由来は?

元AKB48現焼肉オーナーである内田眞由美さん。AKB48時代は目立つことがなかったものの、今は焼肉オーナーとなって経営者としての才能を開花させているとのことです。

そんな内田眞由美さんのAKB48時代と焼肉オーナーとしての年収と、店名「IWA」の由来について調べてみました!

プロフィール

生年月日:1993年12月27日

出身地:東京都八王子市

身長:150cm

血液型:A型

あだ名:うっちー、まゆち

デビュー:2008年5月3日

キャッチフレーズ:「小っちゃくたって熱き想いはエベレスト級!」「焼肉くうならI~WA!!(い〜わ)いらっしゃいませ、内田眞由美です。」

AKB48の経歴と加入のきっかけは?

AKB48経歴

2007年9月に「AKB48 第二回研究生(5期生)オーディション」に合格しました!同期には指原莉乃、北原里英などがいます。

その後2010年3月より、チームKに昇格しました。当時チームKには大島優子や板野友美などがいました。

AKB48オーディションを受けたきっかけ

AKB48のオーディションを応募した理由は、たかみなと呼ばれ人気メンバーだった高橋みなみさんの大ファンであったことです。

合格後には、高橋みなみ本人を前に「センターに立ちたい。選抜に入る。」と約束をしました。

またチームKセンターだった大島優子を前に「私だってセンターに立ちたい。センターを奪い取ります」との宣言もしました。

19thシングル「チャンスの順番」でセンターポジションを獲得

「センターに立つ」との宣言をした内田眞由美。
しかし、選抜総選挙では圏外になるなど、鳴かず飛ばずの状況。(第1回から第6回まで圏外)

そんな内田眞由美がチャンスを掴みます。

2010年9月21日に開催された「AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会」で優勝し、19thシングル「チャンスの順番」でセンターポジションを獲得しました!

焼肉オーナーになったきっかけとお店の名前の由来は?

なぜ焼肉屋さんを開いた?

内田眞由美さんにはAKB48時代から「経営者になる」という夢がありました。
実家が焼肉屋さんであることがきっかけに焼肉店を開きました。

お店はこちら

焼肉IWA  
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13167895/
東京都新宿区百人町2-8-13 FISSビル 2F
新大久保から歩いて3分。

お店の名前の由来は?

「AKBのびみょ〜」というコント番組で、一切セリフのない岩役をやったことがお店の名前の由来となりました。

最初に岩役に選ばれた際は、「まじ?」と思ったそうですが、ファンの方が笑ってくれたことで、自分の殻を破って仕事をするきっかけになったそう。

AKB48時代の年収と、焼肉オーナーの年収がすごい?

引用:https://twitter.com/Mayumi_mmm/media

2019年2月21日方法の「メッセセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?」にて、内田眞由美のAKB48時代の月収は30万円だったと明かされています。
月収は30万ということは、年収360万

そして気になる現在の年収はなんと、AKB48時代と変わらない年収360万とのこと。

しかし、2019年8月12日放送「中居くんに決めて!」では、「年商が億いったことがある」と発言をしていました。

まとめ

  • 年収はAKB48時代と変わらない360万だが、年商は億を超えたこともあり。
  • 店名「IWA」は、「AKBのびみょ〜」というコント番組で、一切セリフのない岩役をやったことが由来。