木下博勝のパワハラ内容は?ジャガー横田へモラハラでキャラ崩壊?

おしどり夫婦として有名なジャガー横田さんと木下博勝さん。
木下博勝さんに対してパワハラ疑惑がもたれています。
さらにはパワハラだけでなく、妻へモラハラをしているのではないかと疑念の声があがっています。

そんな木下博勝さんのパワハラについて、さらに妻へのモラハラについて迫りました!

木下博勝がパワハラの背景や内容は?

パワハラ告発までの背景

木下博勝が2017年4月から2019年8月31日まで勤務していた「医療法人社団 颯心会」の看護師やスタッフに対してパワハラを繰り返し行っていたとして、颯心会に勤務する准看護師Aさんから、慰謝料300万円の損害賠償請求をされていたことが判明しました。

パワハラの内容は?

木下博勝さんがしたパワハラの内容とは、どんなものがあったのでしょうか?

  • 高圧的に怒鳴る、厳しい叱責をする
  • 日常的に頭を小突かれたり、蹴られたりする
  • 車のドアの開閉音に対して「鼓膜がぶれたらお前金払えるのか」と激高する
  • 「おれを誰だと思っているんだ」が決まり文句
  • 『にっぽん烏龍』のペットボトルを2本用意しないと「診療には行かない」と機嫌を損ねる
  • 患者の前で他の医師の批判をする

さらにパワハラを理由にスタッフたちが退職、中には自殺未遂をしたスタッフもいたことが報じられています。

  • 木下博勝さんのパワハラを理由にドクター2名、ナース3名、事務員2人が退職した
  • 木下博勝さんのパワハラを理由に休職していたスタッフCさんが自殺未遂をした

パワハラ損害賠償請求に至るまで

准看護師Aさんが弁護士に相談をし、2019年12月16日付で内容証明郵便を送付しました。
木下博勝さんが損害賠償請求に応じない場合は、法的措置も辞さないことを通告したことを明かしています。

木下博勝さんの対応

木下博勝さんの所属事務所は、パワハラ報道に対して、「事実無根」との回答をしています。

「彼は指示を忘れることが茶飯事で、怒ったり、ほめたり、なだめたり、怒鳴ったり、注意したり、その日の終わりに確認したり、次回までの課題を出したり、何とか彼にとって有益になる方法を模索して試しました」

引用:Livedoor news

木下博勝は、妻・ジャガー横田へモラハラしていた?

木下博勝さんのパワハラ報道がでると、ジャガー横田さんへの過去のモラハラ態度や発言について話題となりました。

https://twitter.com/yomechan777/status/1207075203437584385

木下博勝の気弱旦那キャラは、テレビ用のキャラだった?

プロレスラージャガー横田の妻の尻に敷かれるエリート医師といった夫婦売りが受け、結婚直後からテレビにひっぱりだこだった、ジャガー横田・木下夫妻。

テレビ出演時は、木下博勝さんがジャガー横田の恐妻エピソードを話して、ジャガー横田が力でこらしめようとするやりとりが定番となっており、
ジャガー横田さんは鬼嫁、木下博勝さんは気弱キャラというイメージが浸透しています。

そんななか、木下博勝さんは、2014年に月額約20万円で愛人契約を結んでいたことが報じられました。
ジャガー横田さんが不妊治療に取り組む中、仕事先である沖縄に愛人を作っていたことに対して、木下博勝さんは大バッシングを受けました。

さらに、2019年4月8日に放送された『しゃべくり007』には、木下博勝さん、ジャガー横田さん、息子の大維志(たいし)くんが出演し、家庭のエピソードを披露しましたが、木下博勝さんと息子の大維志くんが、終始ジャガー横田を悪者扱いし、見下す様子が放送され、放送終了後には、ジャガー横田に同情の声が殺到することとなりました。

パワハラ騒動や今までのテレビ出演での様子から、気弱な旦那キャラは、テレビ用のキャラクターで過ぎないことが露呈しました。

木下博勝さんはパワハラについて全面否定していますが、今後の対応に注目です。