国母和宏の嫁は年上美女!学生結婚で馴れ初めは?現在北海道に在住?

バンクーバー五輪時に「腰パン騒動」を起こした、国母和宏さん
現在はプロスノーボーダーとして世界中を飛び回っています。

ヤンチャなイメージがいまだに強い国母和宏さんですが、奥さんは美人な姉さん女房なのです!
そんな国母和宏さんの奥さんについて調べました!

国母和宏の嫁は美人姉さん女房!

引用:blog

国母和宏さんは2009年に、3歳年上の一般女性である智恵さんと結婚しました。
結婚した当時は、2度目の五輪を目の前にしていた時で、北海道石狩市役所で行われた激励会にて、智恵さんをお披露目しました。

国母和宏さんの嫁・智恵さんは、結婚当時はあまりスノーボードのことを知らなかったそうです。
国母和宏さんの五輪についてコメントを求められた際には「五輪では彼らしく力を出してもらえれば」と話しました。

国母和宏は嫁と学生結婚だった?馴れ初めは?

引用:blog

結婚当時、国母和宏さんは21歳で大学3年生で、学生結婚でした。
国母和宏さんと智恵さん二人の馴れ初めは、高校2年生の時で友人の紹介だったそうです

当時は学生結婚だったことや、国母さんの破天荒なキャラもあって、結婚について心配の声があがっていました。
しかし、智恵さんは、国母和宏さんの仕事を誰よりも理解しており、「スノーボードが無くなったら彼じゃなくなる」とインタビューで話していました。

引用:Blog

国母和宏の嫁と3人の子供は北海道に在住?

引用:blog
国母和宏さん一家は、北海道に住んでいるとのことです。
200坪の広大な敷地に建てたログハウスに住み、畑で野菜を育てているそうです。
 

国母和宏さん自身は、プロスノーボーダーとして世界を飛び回り、オフ期間は年に2ヶ月程度しかなく、オフの期間だけ北海道に帰ってくる生活をしているそうです。

オフ期間には、国母和宏さんが子供たちを保育園へ送迎をするなど、子煩悩なイクメンパパの一面もあるようです。

引用:Blog