【東スポ】槇原敬之の覚醒剤逮捕とSM好きを暴露?ピエール瀧も的中

槇原敬之

まっきーこと槇原敬之さんが、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されました。

覚醒剤で逮捕されるのは、1999年に続いて21年ぶり2度目です。

逮捕された2020年2月13日よりも前の、同年1月21日に「東スポ」が、「ミリオン歌手 薬物内偵中」といった大見出しで、芸能人の薬物疑惑を匿名で報道しており、「東スポが的中!」と話題になっています。

東スポは、以前にもピエール瀧さんの逮捕も的中。

気になる東スポの記事をまとめました。

槇原敬之の覚醒剤逮捕を東スポが的中!

東スポがミリオンベテラン歌手Xの薬物疑惑報じる

2020年1月21日の【東スポ】では、「ミリオンベテラン歌手Xが薬物疑惑で逮捕間近」と報じました。

ミリオンベテラン歌手Xの特徴は次の通りでした。

  • Xは歌手活動をしている
  • Xは作詞作曲を手がけ、希代のヒットメーカーとして知られている
  • 時代を代表するような名曲を生み出した
  • 提供した楽曲はミリオンにもなったことあり
  • Xがシャブ中であることは業界で知られている
  • シャブを使うきっかけは、性行為時の快楽のため
  • 使用歴は20年以上
  • Xの親友が覚醒剤で逮捕された
  • Xのゴミの中から使用した証拠を押収している
  • ゴミの中にはムチなどのSMグッズも確認

さらに、東スポの記事には、SMグッズの詳細を暴露していました。

拘束具やムチ、三角木馬の一部などがゴミから押収され、捜査関係者も言葉に詰まるほどだったそうです。

東スポのミリオンベテラン歌手Xは槇原敬之だった

2020年2月13日に、槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されました。

この槇原敬之さんの逮捕を受け、東スポが報じたミリオンベテラン歌手Xは、槇原敬之さんだったのでは?と、東スポの的中について話題になりました。

  • SMAP、浜崎あゆみ、小林幸子など大物アーティストに作詞作曲をし楽曲提供している。
  • 2004年にリリースされた、SMAPの「世界に一つだけの花」は2016年に300万枚を突破した。
  • 1999年に覚せい剤所持で1度目の逮捕をされ、今回の2020年に2度目の逮捕。20年以上の使用歴の可能性あり。
  • 1999年逮捕時、10年来の友人である知人男性も、一緒に現行犯逮捕され、知人男性は2018年に2回目の逮捕をされた

東スポが報じていたミリオンベテラン歌手Xと槇原敬之さんは、ほぼ同人物と言えるでしょう。

そうとなると、槇原敬之さんにSMの趣味があったことがバラされてしまったことになりますね。

ピエール瀧の覚醒剤逮捕も東スポが的中!

東スポは、過去にピエール瀧さんの逮捕を的中させました。

2019年3月6日付の1面にて「大河ドラマ出演者に薬物情報」として以下について報じました。

  • 捜査当局が大物芸能人3人をマークしている
  • そのうちの1人は大河ドラマ出演の人気俳優

一週間後に当たる、同月12日にピエール瀧さんが逮捕されました。

当時、ピエール瀧さんは、えNHK大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』で重要な役を演じていました。

東スポの薬物疑惑の芸能人の的中率の高さは、凄いの一言ですね。

槇原敬之の彼氏は奥村秀一(金ちゃん)?事務所社長で同棲も?

槇原敬之の逮捕でヒルナンデスとじゅん散歩のテーマソングは差し替え?

【画像】槇原敬之の汗とボロボロの歯が凄い!薬の副作用だった?

 

今後も東スポの記事からも目が離せません。