生理バッジで炎上!大丸梅田店ミチカケは何のお店?ネットの反応は?

ネットで話題の大丸梅田店の「生理バッジ」
生理中の店員が着用するとのことで物議を醸しています。

生理バッジとはいったい何なのか?生理バッジを採用した「ミチカケ」とは何のお店なのか?についてまとめました!

生理バッジとは?

引用:Togetter

生理バッジとは何?

大丸梅田店5階に新設された新ゾーン「ミチカケ(MICHIKAKE)」に導入された、生理中であることを示すバッジです。

未だ試験的ではありますが、「ミチカケ(MICHIKAKE)」で働くスタッフは、本人の希望によって、生理バッジをつけることができるそうです。

生理バッジの目的は?

生理バッジは、社内のコミュニケーションツールを目的として誕生しました。

大丸社内で話し合いを重ねる中で「生理であることをオープンにすることでポジティブな動きがみられるのではないか」という意見が上がり、「ミチカケ」のフロアで試験的に導入されたそうです。

生理バッジの主目的は社内コミュニケーション。「生理バッジをつけ、仕事をしていく上で生理であることをオープンにすることによって、(店員間で)気遣いのできるコミュケーションができるようにするため」といいます。

引用:ねとらぼ

さらに、買い物に生理中のお客様ショップを訪れた際に、ショップ店員が生理バッジをつけているのを見たら、仲間意識が湧くのではないかと、社内だけでなくお客様とのコミュニケーションにもつながることも期待されているようです。

生理バッジ導入の大丸梅田店「ミチカケ(MICHIKAKE)」は何のお店?

引用:WWD

大丸梅田店「ミチカケ(MICHIKAKE)」は、お店ではなく、“女性のリズムに寄り添う”をコンセプトにした、様々な店舗が並ぶ、新たなゾーンです。

約893平方メートルもの広大なスペースに、女性の下着や生理用品を扱うショップをはじめ、漢方・サプリ・ハーブティーなど女性の健康をサポートするショップ、寝具やコスメ、さらにはセルフプレジャーアイテム(女性向けのアダルトグッズ)など、女性をターゲットにしたショップ17店舗が並びます。

そのうち7ブランドが日本初出店、4ブランドが関西初出店となり、女性ための新たなショッピングスポットとして期待を集めています。

さらにイベントスペースも設け、期間限定のポップアップショップや、芸能人や著名人を招いたトークショーなども開催される予定です。

生理バッジへのネットの反応は?

生理バッジについて、ネットは大炎上しましたがどんな意見が多いのでしょうか?
ネットでの意見をまとめました!

「生理バッジ」には、圧倒的に否定的な意見が多いようです。

未だ試験的導入であることや、本人の希望性であるようですが、「ミチカケ(MICHIKAKE)」のコンセプトである“女性のリズムに寄り添う”に相応しいバッジなのかは、検討が必要なようです。

今後、本格的に生理バッジが活用されることがあるのか注目です!