スノストどちらが人気?CD売上・動画再生回数・FC会員数を比較

スノスト

2020年1月22日に念願のデビューを果たしたSixTONES(ストーンズ)とSnowMan(スノーマン)!

2組合わせて「スノスト」と呼ばれ、ファンクラブの同時開設や、ジャニーズ初の同時デビューをしたこともあり、何かと比較されるスノストですが、どちらの方が人気が高いのでしょうか?

そこでスノストのどちらが人気なのかを、以下を比較して、徹底的に調べました!

  • CD売上枚数
  • FC(ファンクラブ)会員数
  • MV(ミュージックビデオ)動画再生回数とチャンネル登録者数
  • 投票サイト

【スノストどちらが人気?】CD売上枚数

スノストのCD売上枚数で、スノストのどちらが人気か比較してみましょう!

Snow Man(スノーマン)とSixTONES(ストーンズ)のデビューシングルが2020年1月22日に同時発売しました。

記念すべきデビューシングルの初回盤には、それぞれ表題曲のミュージックビデオが収録されてます。
with Snow Man盤/with SixTONES盤には、スノスト両グループが出演する特別映像付きの豪華CDです。

それでは、スノストのCD売上枚数をみてみましょう!

スノストCD売上枚数:初日

Billboard JAPANによるとスノストCD販売初日の売上枚数は以下の通りです。
(2020年1月20日~2020年1月21日までの集計)

  • SixTONES『Imitation Rain / D.D.』:476,109枚
  • Snow Man『D.D. / Imitation Rain』:449,528枚

スノストCD販売初日は、SixTONES(ストーンズ)がSnowMan(スノーマン)のCD売上枚数を約2万5千枚上回り、SixTONES(ストーンズ)が勝負を制しました。

両グループ共に、40万枚をこえるハーフミリオンを目前とした圧倒的なCD売り上げを記録しました。

スノストCD売上枚数:初週

Billboard JAPANによるとスノストCD販売初週の売上枚数は以下の通りです。
(2020年1月20日~2020年1月26日までの集計)

  • SixTONES『Imitation Rain / D.D.』:776,836枚
  • Snow Man『D.D. / Imitation Rain』:752,236枚

スノストCD販売初週は、SixTONES(ストーンズ)がSnowMan(スノーマン)のCD売上枚数を約2万5千枚上回り、初日と同様、SixTONES(ストーンズ)が勝負を制しました。

両グループ共に、CD販売初週に75万枚を超える売上枚数で、勢いが止まりません!!
引き続き続報が楽しみですね!

【スノストどちらが人気?】FC会員数を比較

スノスト

続いて、ファンクラブ会員数でスノストのどちらが人気か比較してみましょう!

スノストは2019年11月30日にファンクラブを開設しました。

開設に先立ち、2019年11月20日に、SixTONES(ストーンズ)がSnowMan(スノーマンのファンクラブの会員申し込みがスタート!
ファンクラブ申込初日は、サーバーダウンするほどの賑わいになり、ツイッターには「アクセスできない!」と嘆く声で溢れました。

それでは、スノストのファンクラブ会員数をみてみましょう!

スノストファンクラブ:申し込み初日

スノストのファンクラブの会員申し込み初日の会員数は以下の通りです。

  • SixTONES(ストーンズ):3万5千人
  • SnowMan(スノーマン):2万4千人

初日では、SixTONES(ストーンズ)の方が、約1万1千人ほど申込者数が上回りました。

初日のファンクラブ会員数比較では、SixTONES(ストーンズ)がリードしています。

スノストファンクラブ:現在(2020年1月27日時点)

スノストのファンクラブの会員、2020年1月27日現在の会員数は以下の通りです。

  • SixTONES(ストーンズ):19万2千人
  • SnowMan(スノーマン):15万3千人

SixTONES(ストーンズ)は19万人超え、SnowMan(スノーマン)も15万人超えとスノストの人気の高さがわかりますね。
現在のファンクラブ会員数も、SixTONES(ストーンズ)がリードを守っています。

King & Princeが50万人、Kis-My-Ft2が48万人(*2019年12月時点)であるため、スノストのファンクラブ会員数も50万人近くまでのびることが予想されます。

【スノストどちらが人気?】MV動画再生回数とチャンネル登録者数

スノスト

続いては、スノストのMV(ミュージックビデオ)動画再生回数とYoutubeチャンネル登録者数を比較しましょう!

2019年12月24日に以下のMVがYoutubeに同時公開されました。

  • SixTONES(ストーンズ)『ImitationRain』
  • SnowMan(スノーマン『D.D.』

スノスト両グループのMV動画再生回数とYoutubeチャンネル登録者数をみてみましょう!

スノスト・MV動画再生回数を比較

スノストのMV(ミュージックビデオ)動画再生回数は以下のとおりです。
*2020年1月28日現在

  • SixTONES(ストーンズ)『ImitationRain』:8,767,013回
  • SnowMan(スノーマン『D.D.』:8,595,205回

SixTONES(ストーンズ)と、SnowMan(スノーマン)のMV動画再生回数は約27万回の差があります。

SnowMan(スノーマン)の約860万回の再生回数も凄い数字ですが、それを上回るSixTONES(ストーンズ)の再生回数は圧巻ですね!!

▼SixTONES(ストーンズ)『ImitationRain』はこちら

SixTONES(ストーンズ)の『Imitation Rain』は、X JAPANのYOSHIKIさんが作詞・作曲を担当しました。
ジャニーズのデビュー曲はみんなで盛り上げるようなノリの良い曲が多い中、今までにはない珍しいタイプのロックバラードでデビューを飾りました。

SnowMan(スノーマン『D.D.』はこちら

Snow Man(スノーマン)の『D.D.』は、SixTONES(ストーンズ)の『Imitation Rain』とは対照的に、勢いを感じるダンスナンバー。
ジャニーズアーティストの楽曲を多く手掛けている、作詞:栗原暁 (Jazzin’ park)と作曲者:HIKARIがタッグを組み、爽快なデビューを飾る曲に仕上がりました。

スノスト・チャンネル登録者数を比較

スノストのYoutubeチャンネル登録者数は以下のとおりです。
*2020年1月28日現在

  • SixTONES(ストーンズ):50万2千
  • SnowMan(スノーマン:38万9千人

SixTONES(ストーンズ)は2019年08月5日、そしてSnowMan(スノーマン)は、2019年12月10日 にYoutubeチャンネル開設したため、SixTONES(ストーンズ)の方がYoutubeを始めたのが早かったですね。

そのためSixTONES(ストーンズ)の方が動画投稿も多く、より多くのファンを集めているようです!

【スノストどちらが人気?】投票サイト比較

『どっちが○○?投票トーク』という投票サイトでのスノスト人気比較は以下のとおりです。

こちらの投票サイトによると、SixTONES(ストーンズ) が圧勝となっています。

  • SixTONES(ストーンズ) 521票(74%)
  • SnowMan(スノーマン)183票(25%)

それぞれに投票した理由をまとめました。

SixTONES(ストーンズ)派の意見
  • SixTONESは王道キラキラジャニーズじゃなくて、曲もオラオラ系が多いのに、YouTubeなどでおちゃらけるときは、めっちゃふざけてて、そのギャップも良い!トークも面白いから、バラエティでも活躍できる!それぞれの分野、役割があって、完璧!
  • SixTONESはイケメンだし、バラエティも向いているし、完璧‼️

  • SnowManとSixTONES派で絶対別れちゃうと思うけど、でもやっぱりどっちのグループもそれぞれで違う魅力を持ってると思う!!!スノはアクロバットだしストはバラエティだし結論どっちにも頑張ってほしいってこと!」
SnowMan(スノーマン)派の意見
  • 新メンバー加入で賛否両論あるかと思いますが、9人になったSnowManを観て好きになりました。それから6人時代の動画も観て、今ではみんな大好きです。
    増員でパフォーマンスも迫力があるし、かっこいいです!

  • 見たけどどっちもパッとする人はいないなと。どちらかというとsnowmanの方がパフォーマンスの迫力はあるかな。韓国に寄せてる感じが時代って感じ
  • 今、人気なのはSixTONESさんだと思います。
    でも、徐々にSnowManさんが人気になっていく気がします。

スノスト両グループのファンの意見をみると、SixTONES(ストーンズ) の圧倒的人気があるようです。

スノストは下積みが長いことでも有名ですが、ジュニア時代からSixTONES(ストーンズ) には根強いファンがついていました。

一方、SnowMan(スノーマン)は、元々6人組だったところに3人の新メンバーを追加するなど、メンバー編成に変化があったグループであり、新メンバーとして加入したラウール君に新規のファンがついて、ファンを増やしました。

そのため、メンバー全体に根強いファンがいるSixTONES(ストーンズ)と、新規のファンを増やしつつあるSnowMan(スノーマン)の構造ができているようです。

【番外編:スノストどちらが好き?】Hey!Say!JUMP伊野尾の意見

スノスト

2020年1月23日放送のフジテレビ系『めざましテレビ』にて、
SixTONES(ストーンズ) のジェシーさんがHey!Say!JUMP伊野尾さんに「SixTONESとSnowManのどちらが好きですか?」と質問。

すると、Hey!Say!JUMP伊野尾さんは「そりゃあ、どちらも嫌ですよ!こんなに勢いのある後輩、嫌にきまってるじゃないですか!?」と発言しました。

続けて、スノスト全員にお年玉をあげるHey!Say!JUMP伊野尾さんは、「こんなに大人数にあげたくないでしょ。だから嫌ですよ!」と笑いを誘いました。

【スノストどちらが人気?】まとめ

スノスト

ジャニーズ初の同時デビューを果たしたスノストの一体どちらが人気なのかについて調査しました。

  • CD売上枚数
  • FC(ファンクラブ)会員数
  • MV(ミュージックビデオ)動画再生回数とチャンネル登録者数
  • 投票サイト

全体を通して、現在は、SixTONES(ストーンズ)の方が人気であるようです。

両グループのデビューを祝う合言葉に「#ライバルがいるって最高だ」というキャッチフレーズが選ばれたように、両グループ切磋琢磨することで、新しい時代を築いてくれることは間違いないでしょう!

今後のスノストの活躍に大注目です!!