中澤卓也プロフィール|デビューきっかけはのど自慢?兄が紅白出場?

マダムキラーとしてマダムのハートを掴んで話さない演歌歌手の中澤卓也さん
演歌歌手としての実力はもちろん、ミニライブには中澤卓也さんファンが殺到し注目されています。
そんな中澤卓也さんのプロフィール、デビューのきっかけ、お兄さんについてまとめました!

中澤卓也のプロフィール・経歴

中澤卓也のプロフィール

【生年月日】1995年10月3日
【出身地】新潟県長岡市生まれ
【身長】178cm
【趣味】スニーカー集め、ドライブ
【特技】モータースポーツ
【好きな食べ物】ラーメン、スイーツ
【デビューのきっかけ】2013年3月31日

中澤卓也さんは新潟県長岡市生まれ育ちです。
地元の長岡市立上川西小学校、長岡市立江陽中学校へ通った後に、NSGグループの開志学園高等学校に進学しました。
178cmと高身長で爽やかな顔立ちから、モテたことに間違いなさそうですね!

中澤卓也の経歴

2015年3月  日本クラウン新人オーディションで準グランプリを獲得
2017年1月 「青いダイヤモンド」でデビュー
2017年9月  赤坂BLITZでワンマン・コンサートを開催
2017年12月  第50回日本有線大賞・有線奨励賞
2017年12月  第59回日本レコード大賞新人賞
2018年2月 第32回日本ゴールドディスク大賞ベスト・演歌/歌謡曲ニューアーティスト賞

 

中澤卓也さんは、デビュー前のアマチュア時代から、女性の熱狂的な支持を得ていました。
アマチュア時代は作曲家の田尾将実さんに弟子入りをし、歌に磨きをかけて、満を持してデビューしました。
デビュー後すぐにワンマンコンサートを開くほどの人気ぶりで、様々な賞を受賞するなど、実力を見せつけました。

趣味はスニーカー集め

引用:うたびと

中澤卓也さんの趣味はスニーカー集めであることから、『うたびと』という演歌歌手を紹介するポータルサイトでは、『中澤卓也のスニーカー道』という中澤卓也さん自身が、カスタムスニーカーを作ったり、スニーカーについて紹介する特集記事が組まれています。

中澤卓也さんはパッと見たときの第一印象で、一目ぼれしたら買うそうで、そして買ったスニーカーは、見るだけでなく絶対に履くそうです。

「1日のファッションも、『今日はこのスニーカーを履くから、この服』と言ったようにスニーカー基準で決まることが多いです(笑)」と“スニーカーありき”で服を選ぶという。

引用:ORICON MUSIC

デビューのきっかけはのど自慢

デビューのきっかけは、『NHKのど自慢』でチャンピオンになったことでした。この放送によって、レコード会社の日本クラウンの目に止まり、スカウトをされることになったそうです。

地元で『NHKのど自慢』が開催されることを知った中澤卓也さんは、『NHKのど自慢』の出場切符を手にし、森山直太朗さんの『さくら(独唱)』を歌いました。

元々はレーシングドライバーを目指し、小4~高1まで練習に打ち込んでたという中澤卓也さんですが、その夢は途中で諦めてしまったそうです。
そんな中澤卓也さんにとって、『NHKのど自慢』で『さくら(独唱)』を歌ったことは、運命を変える出来事になりました。

この「さくら(独唱)」を歌っていなかったら、のど自慢に出ていなかったら、僕は今こうして歌手になっていないと思います。今は日々、全国で本当に大勢の方とお会いしてご縁をいただいてますが、そんなご縁も頂けなかったと思います。そう思うと、この一曲でここまで人生が変わり、そして拡がり、本当に不思議です。

引用:全日本歌謡情報センター

中澤卓也さんにとって『さくら(独唱)』は特別な歌となり、コンサートやミニライブでは中澤卓也さんが歌うこともあるそうです。

中澤卓也の兄は紅白出場のけん玉名人!

中澤卓也さんのお兄さんは、中澤卓也さんより一足先に、2年連続紅白に出場をしていました。

中澤卓也さんのお兄さんは、趣味のけん玉が興じて、中澤卓也さんと同じレコード会社の先輩である三山ひろしさんの紅白でけん玉ギネス記録更新チャレンジのサポートメンバーを務めたそうです。

2017年のチャレンジでは、残念ながら14人目でギネス記録更新に失敗に終わりました。

2018年は、2017年のリベンジとして再度ギネス記録にチャレンジ!
ギネス記録更新サポートメンバーと三山ひろしさん全員がけん玉を無事に成功し、ギネス記録更新を果たしました!!!

引用:twitter

マダムキラーの演歌歌手の中澤卓也さん!
テレビで特集されるなど知名度をさらにあげ、これからさらに活動の幅を広げることでしょう。
今後の活躍からも目が離せません!